王寺のまちに音楽を

昨夜も黒天KURO-TENは『生演奏が聴ける音楽酒場』の夜でした。今年最後の素敵な歌声を聴かせてくれたダイちゃん、1年間ありがとう(o^^o)

音合わせ中のダイちゃん

早くも彼と出逢って1年が経ちました。彼とは『今度一緒に飲もう!』と言いながらまだ実現したことはないので、顔を合わして話をするのは演奏する日に黒天KURO-TENに来た時の、リハーサルや演奏前の少しの時間くらいです。でも、何故か彼とはもっと長く居てるような感覚がして、ひとつ歳下というのもあって可愛い弟のような感覚もあり、放っておけない存在になってしまいました。

彼はデンマーク育ちで、ミュージシャンとして立派に自立していたようです。しかし、そんな地位も捨てて5年前に日本にやって来て、一から日本で音楽の力で生きて行こうと決意して、路上ライブを始めました。

ところが、デンマークと日本では音楽業界の様子が異なるようで、デンマークでは飲食店などで演奏した場合、著作権協会からお給料が出るらしいのですが、日本にはそういうシステムは有りません。ですので、路上ライブや飲食店で演奏して、共感してもらった人から『投げ銭』を頂くことで生計を立てています。

話は変わりますが、私は良い音楽は人を集めると思います。私が実行委員として参加している「王寺まち歩きバル」でも音楽イベントを企画したり、王寺の飲食店オーナーグループで合同音楽イベントを企画したりして、食と音楽を合わせることで、さらに楽しい街づくりが出来たらいいなと思っています。

そんな私の思いと、ダイちゃんの音楽で生き抜く思いが意気投合して『生演奏が聴ける音楽酒場』は1年間続けることが出来ました。

まだまだ、このイベントで集客出来るわけではありませんが、小さなことでもコツコツ続けていれば、やがて大きなイベントに繋がることもあるかもしれません。たまに王寺の飲食店オーナー同士で会合を行なっているのですが、そこでも『いつか大和川の河原でイベントやろう!』なんて話もしています( ^ω^ )『王寺まち歩きバル』の音楽イベントもその一環です。

『王寺まち歩きバル』の話が出たところで、先週は王寺まち歩きバル説明会を行いました。

お忙しい中、多数の方にご参加頂きましてありがとうございます!実行委員一同さらに良いイベントになるよう毎月欠かさず雁首揃えて会議を行っています。

一昨日のバル会議

彼らも私と同じ思いで、会議に参加したり、お店で音楽イベントをしたりしています。ここに集まっている彼ら、そしてダイちゃんや、その他の王寺に関わってくれるミュージシャン達も、これからの王寺の財産だと思います。もちろん音楽だけではありません。このような意思の集まりを大切にしていきたいと常に思います。

ビタミンD

先日、空手の稽古で師範に『あ、食のプロが居てるじゃないですか!ビタミンDって何に含まれてるんでしたっけ?』という質問を投げかけられて、『え、何でしたっけ?』というプロらしからぬ回答をしてしまいました( ̄∇ ̄)食品に含まれるビタミンを考えた事は二十代のころに調理師免許を取るために、試験勉強してた時くらいかもしれません。

ビタミンDといえば、カルシウムの吸収率を高めることでよく取り上げられますが、実は豊富にビタミンDを含む食材は限られており、食品から摂取することが難しいと言われています。

ビタミンDを多く含む食品の代表格は『キノコ類』なんですが、キノコなら何でも良い訳ではなく、限られたキノコ類に多く含まれます。その中でも簡単に手に入るキノコはマイタケでしょう。その他に魚類では『鮭』が代表格ですね。あと『シラス干し』にも多く含まれているそうです。

ビタミンDが不足すると小腸や腎臓からのカルシウム吸収が不十分となり、骨や歯の形成もうまくいかなくなり、赤ちゃんや子どもではくる病、成人では骨軟化症を引きおこすといわれています。

一方では取り過ぎによって、高カルシウム血症、腎障害、軟組織の石灰化など過剰症をまねくおそれがあります。これは、食品によって過剰摂取するというより、サプリメント等によるものです。食品によってビタミンDを取り過ぎるということは無いでしょう。

また、ビタミンDは日光にあたることで皮膚でも生成されることで有名です。手のひらを太陽に10分程度かざすことで、1日に必要なビタミンDが合成されるといわれています。

そして話は最初に戻りますが、空手の師範が何故そういう話をされたかというと、『免疫力を高める効果』がビタミンDにあって、これから流行するであろうインフルエンザウイルス対策をしましょう、というお話でした。

私が調理師試験を受けた頃はまだ知られてなかったようですが、ビタミンDは免疫細胞に作用し、体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退する免疫の働きをサポートします。具体的にはビタミンDの摂取により、風邪やインフルエンザなど感染症にかかりにくい体作りをサポートし、花粉症の改善も期待できるといわれています。

ビタミンDは脂溶性の栄養素なので、油と一緒に摂摂取することで効果的に身体に取り入れることができます。黒天KURO-TENの中で一番のビタミンD及びその他のビタミンが豊富なメニューは『いろいろキノコの温製サラダ』でしょう。このサラダはオリーブオイルとニンニクでマイタケ、椎茸、エリンギ、シメジをソテーしたものを、温かいままオイルごとドレッシングにして生野菜と共に召し上がっていただくサラダです。サラダには、パプリカや紫タマネギやミニトマトも使用していますので、ビタミン宝庫サラダと言っても良いでしょう( ^ω^ )

『いろいろキノコの温製サラダ』

食品に含まれる栄養素についてもう一度勉強してみようという気になりました。といってもプロとしては当たり前のことですが…

デルリッツ

10年以上ぶりのライブが終わりました!久しぶりのステージを楽しめたけど、演奏のほうはどうだったのか、録画を観てから反省します。

なにはともあれ、こういう機会を与えて下さったオムロン軽音楽部の皆さまありがとうございます( ◠‿◠ )久しぶりに集まって演奏したのがきっかけで、これからもバンド活動を続けられるかもしれません。40歳を過ぎてからオヤジバンドで活動するのも良いものです。

今回のバンド名はデルリッツ(立命館大学卒業の意味)ちなみに昔のバンド名は『太郎冠者』でした。

さて、今回お邪魔させて頂いた京都の向日市にあるSecond Roomsさんは、音楽イベントに特化した飲食店でした。黒天KURO-TENでも音楽イベントを開催していますが、こちらのお店はカフェの内部に防音空間を作って飲食可能なライブスペースを設けています。

Second Roomsさんのホームページはこちら

カフェを抜けるとライブスペースがあります。

音楽が大好きな私にとってはとても羨ましい設備です。黒天KURO-TENは特別に防音設備等は無いので、ここまでの規模での演奏会は不可能です。リハーサルでも限られた時間で細かいところまで音響調整して頂きました。スタッフの皆さまありがとうございます!バンド演奏以外でも、同じ飲食に携わる人間としても刺激を受けました。

いろんな意味で今回再びバンド活動して得るものが多かったと思います。バンドメンバーもそれぞれ20年前とは取り巻く環境が異なります。ですが、こうやってもう一度、お互い背負うものが多くなった今、若い頃とは違った音が出せそうな気がします。

今日はありがとうございました!

ライブが終わってからメンバーと『またやろう!』

ってことになりました( ̄∇ ̄)またライブに向けて頑張ります!

いよいよ明日は10年以上ぶりのライブ

いよいよ明日はかなり久しぶりのライブします(^ν^)おそらく最後にこのメンバーで演奏したのはドラム担当のリュウの結婚式の二次会だったと思います。

大学を卒業してからこのメンバーで、同じ家を借りて共同生活をして、バンド活動してた頃がとても懐かしい思い出となっています。数年に一度はこのメンバーで集まって飲み会したり遊んだりしたことはありますが、バンド演奏でしかもステージに立って演奏するのは20代以来です。

20年前に通っていた滋賀のスタジオが当時と変わらず営業されてました。そこで毎週月曜日に練習です。
ドラムのリュウ
ボーカルのカズマとベースのヨシヒコ

今となっては全員パパとなってバンドはオヤジバンドになりました。私以外のメンバーは全員滋賀に住んでいますので、練習の時は私が滋賀に向かってこの通い慣れたスタジオで練習します。彼らとは、大学時代を滋賀で過ごしていた時に出逢いました。私にとって滋賀県は第二の故郷のような感覚で、久しぶりに帰ると故郷に帰って来たような気持ちになります。街は昔の面影が残る場所は少なくなりましたが、変わらないお店や景色もあり、これからもたまには第二の故郷に帰る時間を作りたいなと思います。

20年経っても変わらない外観
なーんにも無い川沿いにひっそりとそのスタジオは有ります。

明日は久しぶりにこのメンバーでのステージをおもいっきり楽しんできます(o^^o)ちなみに会場は京都向日市にあるSecond Roomsというライブが出来るカフェのような所で、メンバー全員初めて行く所です。場所がどこであろうと、このメンバーなら楽しめます( ◠‿◠ )

頑張ってきまーす!

※ですので、黒天KURO-TENは臨時休業させて頂きますm(_ _)m

失恋かぁ

ウチのスタッフのN君にしときましょうか、失恋したそうです。今日が彼の告白の日だということはスタッフの間でも皆んな知っていたようです。今日の営業時間の後半の方で、もう一人のスタッフT君と店の玄関から一緒に入ってくると、『こいつフラれたんです。』とT君。

何も知らなかった私は、『はぁ?』と状況がわからなかったので、『何のことや』と聞くと、どうやら今日は告白するんだと決心して、皆んなに報告していたようです。だから、皆んなはN君がどうなったのか気になっていたようで、そんな皆んなのところにN君は結果報告に来たという展開に私が出くわしたようです。

『それでコイツら集まってたのか』と、いつもこういう事は最後で知らされるのがパターンとなっています。例えばスタッフ同士で交際が始まっても、だいたい半年くらい経って最後に私が知った時には、他のスタッフ全員が知っていて、『え、店長知らなかったんですか?』というくだりを何度か繰り返した事があります。

今回もN君がフラれて帰ってくるまで、私は何も知りませんでした。そんなひとりのスタッフのために慰めの会みたいなものが自然と始まりました。

N君、キミは幸せものだよ

スタッフ同士のこういう光景を見ると、『ああ、黒天KURO-TENを創ってよかったなぁ。』って改めて思ったりします。お客様にとっての楽しい時間を創り出すのはもちろんですが、ここで働いて、仲間や恋人との出逢い、青春時代というものを刻んでいく子たちを見てると、自分の生み出したものがまた、ちゃんと新しいものを生み出してる。ずっと続けていかないとなって思います。

次は彼女が出来たという報告が出来るよーに頑張ろうね!一緒に男を磨いていこう!(^ν^)

新極真会

今年の夏から毎週日曜日の朝は、もうすぐ6歳になる息子と一緒に空手の道場に通っています。と言いますのも、私自身もちょうど6歳の時から近くに住んでいた3つ歳上のお兄ちゃんに連れられて、近所の空手の道場に通い始めました。そこから中学2年生くらいまで続けてたと記憶しています。その頃も通っていたのは日曜の朝でした。

今朝も稽古に行ってきました(^ν^)

当時私が通っていた空手道場は賢友流という伝統空手と呼ばれる流派でした。空手には実際に相手と向き合って対戦する『組手』と、決まった技を決まった順番に一連の動作で行う『型』があります。少年の頃は、型の重要性がわからず、「ただの準備体操や!」といって真剣に練習しない悪い生徒でした。実際に相手と闘わない型というものにまったく興味がありませんでした。しかし、昇級するには型を覚えなければいけませんので、仕方なく色々な型を練習してある程度は習得していたと思います。

一方で、組手は必死で取り組む少年でした。なぜか、低学年の時に手違いなのか上級生の組手の大会に出場して、手も足も出せずに敗退して悔しい思いをした記憶があります。ところが、3年生になって初めて同じ年頃の3、4年生の部で組手の大会に出場した時に、それまで道場でも常に上級生と組手の稽古をしていたので、トーナメントを勝ち上がり優勝してしまいました。それから6年生までは出場したほとんどの組手の試合で優勝しました。当時の師範は『もっと型を練習しろ!』と常に言っていましたが、そんな僕に黒帯をくれました。

そんな少年時代の時に、空手を通じて得た自信のようなものが、とてもその後の自分の成長にとって良い影響をもたらしたと思います。頑張れば頑張っただけ自分に返ってくる、何でも努力すれば必ず出来るようになる、全ての事に対してそう自信を持って過ごした少年時代でした。

そのような経験を自分の息子にもさせたい思いで、今のところ自分の時間が使える日曜の午前中に、近くでやってる道場を探して見つけたのが、新極真会の西大和道場でした。

私が始めた頃は連れて行ってくれる近所のお兄ちゃんが居てましたが、息子にはそういう近所のお兄ちゃんが居て無いので私がそのお兄ちゃん役です。私も一般部として稽古に参加させて頂いてますが、なにしろ本格的に部活で運動していたのは中学生までなので、20代でも30代でもやってこなかった、ガチの運動を40代でやろうとしています。

でも、これがすこぶる楽しいんです( ̄∇ ̄)もう一度白帯から始める楽しさと、動かなくなっていく身体と向き合いながら、自分と闘う感覚とも言いましょうか(笑)20代のころに中学時代のサッカー部仲間とフットサルをしていた時に負傷した右膝靭帯とも闘いながらです。老いには勝てないと言いますが、勝てないまでも逆らうことは出来ると思います( ◠‿◠ )息子に何か始めさせたいと言いながら、やりたいのは自分かもしれませんが( ̄∇ ̄)

新極真会奈良支部の皆さま今後とも宜しくお願いします!

お手軽ランチも

これまでのランチコースは、前菜盛合せから始まって、スープ、パスタもしくはサラダ寿司、そしてデザートとコーヒーといったコース形式の少し時間をかけて楽しんで頂くコース内容になっているため、どうしてもお急ぎのお客様には不向きでした。

もっとシンプルにランチを食べて頂くために、パスタをお得な価格で、しかもサラダ付きのパスタセットをランチタイムに入れようと思います。

ベーコンと茄子のトマトソーススパゲッティ

もちろんこれだけじゃないのですが( ̄∇ ̄)

サラダ寿司とお味噌汁のセットや海鮮丼セットなど今までのランチタイムに無かったメニューが登場しますので、お楽しみにしててください!

黒天KURO-TEN特製カレー

特製カレーライスもラインナップです( ◠‿◠ )

アート

今年の夏あたりから黒天KURO-TENの店内にアート作品を飾り付けしています( ◠‿◠ )

2階の窓際カウンター席
1階のお座敷

これらはお客様からのご提案で、アーティストさんに店内のスペースを提供しています。ただいま12作品を店内の色々な場所に展示しています。『素敵な絵を飾ってますね。』と声をかけてくださるお客様もいっらっしゃいます。

先日もあるお客様から、『絵を飾るようにしたんですね。』という会話になった時に『私も絵を描いてるんです。』というお話をされました。その事がご縁になり、その方の絵画展に本日お伺いさせて頂きました。

とても優しい色使いだなと思いました(^ν^)
コンセントと比べてみればその大きさがわかると思います。

私は芸術といえばやはり音楽ですが、絵を見ると絵もいいなぁとあらためて思います。音楽は時間の芸術だなんて思っていますが、絵も創作にかけた時間と観賞するときの時間が存在します。音楽も絵も、作品にかけた時間だけではなく、それまでの鍛錬の時間があるからこそ感動が生まれるもののような気がします。

南さんステキな絵をありがとうございました。そして、いつも黒天KURO-TENを支えて頂きありがとうございます( ◠‿◠ )今後とも宜しくお願いいたします。

第4回王寺まち歩きバル開催決定!

バルのチラシやポスターも定番のデザインに統一することになりました。

今年の5月31日と6月2日の2日間で行われた『王寺まち歩きバル』も来年で4回目となります。私は第1回の時からバル実行委員としてイベントの立ち上げから関わってきました。

最初は、ここ王寺近辺ではバルイベントそのものを知る人が少なく、飲食店を経営する本人たちですら知らない人も多くいるほどでした。だから、まず一軒一軒を訪問しながらイベントの詳細を説明し、参加をお願いすることから始めました。その甲斐あって第一回から参加店舗が40店舗を超える大型イベントとなりました。しかし、問題点も多くここで全てを取り上げることはしませんが、第一回の時に初めてのバルイベントということで参加を募集するよりも、参加をお願いして集める形になってしまっていた事が問題のひとつにあります。

そもそもバルイベントもそうですが、地域で催しをする場合の大きな目的は地域の色んな面での活性化にあると思います。バルイベントの場合、イベントを通じて王寺の飲食店をはじめとする商店を多くの人に認知を広めて、王寺周辺へ足を運んでくれる人を増やすという目的があります。そうすれば、王寺周辺の商店が潤うことにつながります。もちろんバルイベントは、当日に参加して下さるお客様に喜んで頂くために試行錯誤し、何度も会議をして改善して、より良いイベントになるよう実行委員会一同努力しています。そして、そのことが結局最後は自分たちのためになるのです。

残念ながら、過去3回の開催でクレームも多くありました。バルでご来店のお客様に良くない対応をされるお店もあったようで、自ら進んで地域のため、この街で商売をさせて頂いているという感謝の気持ちで参加しているお店ではなかったのでしょう。

どんな業種でもその地域で事業をするからには、その地域での社会貢献は必須だと考えます。逆に社会貢献出来ない事業は存続すら危ういとさえ思います。だからと言って、当社がどれだけ世の中に社会貢献出来てるかと考えると、まだまだ出来ていないとも思います。

だから、黒天KURO-TENという店を支えてもらっている王寺という街や近隣の人々に、少しでも恩返しになれば良いなという思いから実行委員会に参加しています。おそらく実行委員会の皆さんも同じ様な気持ちで参加してくれてると思います。

昨日も忙しい中、次回のバルイベント開催に向けて会議に集まって頂きました。

会議の様子

次回の開催日は2020年6月5日(金)、6日(土)の2日間に決まりました!来週は参加店舗に向けての説明会を実施します。出来るだけ沢山の方に参加して頂いて、一緒により良いイベントにしていきたいと思います。

今年もクリスマスMONTH到来

とうとう今年もクリスマスまで1ヶ月を切りました。黒天KURO-TENの店内もすっかりクリスマス一色に( ◠‿◠ )

私の父である社長が飾り付け担当です

街中では、毎年ハロウィンが終わるとすぐにクリスマスの装いがチラホラと見かけるようになります。当店でも、ハロウィンの飾り付けと入れ替るようにクリスマスの飾り付けです。もう商業イベント化しているクリスマスですが、それはそれで子供の頃から一年の中でも最大級の一大イベントです。子供たちだけでなく、カップルや夫婦にとっても一大イベントになってる場合も多いと思います。

逆に一人で過ごすクリスマスは寂しいなんて話も聞きますが、誰かと過ごさないといけないなんて事も無いと思います。それぞれの楽しみ方で今年は今年のクリスマスを楽しんでいきましょう(^ν^)

昨夜も滋賀で来月のイベントに向けてバンドの練習をしてきました。先週よりはマシになってきたと思いますが、やはり10年以上のブランクは感じます。楽しさは変わりませんが( ̄∇ ̄)

さぁ、今日も個人練習しよーっと!