コロナにはもう振り回されない

またまたメディア等ではコロナ感染者数を連呼するようになって来ました。もう世間では慣れっこになってる人が多くなっていますが、一部ではまだまだ怖がって自粛の動きに入る人も居てるようです。

先日、私の高校の同級生で感染症の専門医をしている友人と、地域の医師会会長さん達とお話する機会を頂きました。

現在のコロナの状況は貴方から見てどうなのですか?と聞きました。

『確かに最初の頃は怖いウイルスと思った、でも今はワクチンも普及してウイルスも弱毒化している。もう怖がるべきウイルスでは無くなった。』との事でした。

『メディアが悪いよ。もっと経済の事ちゃんと考えて発信しないと。』『飲み会もやったらいいんだよ。』

医師会のお偉いさん達の意見が前向きで私は少し安心しました。でも、相変わらずメディアでは世間に恐怖を煽るような放送が溢れています。ワクチン接種を薦める放送も多くみる様になりました。

新型コロナウイルス感染症は現在の位置付けは、結核や重症急性呼吸器症候群(SARS)並に危険度が高い『2類相当』とされています。しかし、季節性インフルエンザと同じ『5類相当』に引き下げるべきという意見が与野党から出ています。

しかしながら、医師会の先生方によると、『国が買い取ったワクチンがもっと減らないと5類に下げることは無いよ。』とのこと。

これ以上メディアに振り回されることなく、自分の頭で考えて行動することが重要だなと改めて考えさせられました。

人生は限られています。コロナに怯えて時間を無駄にするのが得策なのかは、それぞれの判断が難しいところです。

しかし、飲食店経営者や接客を主とする職種の方は、コロナに怯えず経済活動を継続する事が、唯一の生き残る道です。それは間違いの無い事実です。

心に刻む

我が社の藤井寺本店『居酒屋黒兵衛』に届いた一枚の絵葉書。そこに添えられていた心温まるメッセージをご紹介させてください。

「黒兵衛さんは、おいしい料理と心のこもったもてなしで、ひと時の安らぎを与える評判の良いお店ですね。コロナ禍の中にあって、そのご苦労とご心痛は私たちの想像以上のことでしょう。それでもその先を見据えて懸命にお仕事を続けておられることと思います。地域の方たちの憩いの場として頑張っている黒兵衛さんがこれからも穏やかに毎日を過ごされますよう心から願っております。お身体にも十分気をつけてください。」

と、あるお客様から私たちを励ますお言葉を頂きました。

社員全員が涙し、『絶対に諦めてはいけない』『この場所を守り抜かないと』と新たに心に深く刻んだ日になりました。

PS 本当に多くの方々から励ましや応援のお言葉を頂いております。『大変やろうけど頑張ってな!』と直接お声を掛けてくださる方や、FacebookやInstagramなどのSNSを通じたメッセージをくださる方、誠にありがとうございます。消えていく居酒屋などと報道されたり、実際に居酒屋の倒産件数は過去最高を記録しているようです。我が社も例外ではなく苦しい状況が続いています。しかし、従業員一同この43年の居酒屋の歴史を支えてくださったお客様のために、なんとしても守り抜くんだと心に決めております。どんな時代、どんな世界になったとしても、多くの方々の憩いの場としての居酒屋文化を守っていきたいと思います。